人生にゲームをプラスするメディア

ファイアーエムブレム最新作はゲームキューブで登場!

任天堂 GC

昨日、ファイアーエムブレム最新作が4月6日発売の月刊ジャンプで初公開されるとお伝えしましたが、その続報をお伝えします。

ファイアーエムブレム最新作はゲームキューブ用ソフトとして発売され、正式タイトルは『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』で2004年冬発売予定だということです。世界観や人物背景などが一新され、3Dグラフィック化されるようです。

今作の舞台となるのは、国々が郡割する大陸テリウス。そこで生きる人々との出会いが新たなる物語となります。

『ファイアーエムブレム』シリーズが据え置型ゲーム機で登場するのは、99年のニンテンドウパワー書き換え用ソフト『ファイアーエムブレム トラキア776』(00年にSFC用ROMカセットとして発売)以来5年ぶりとなります。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  2. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  3. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

    「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  4. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  5. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  6. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  7. 【3DS DL販売ランキング】『ポケモン ムーン』トップ奪還、『ブレイブダンジョン』5位へ浮上(12/8)

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  10. 『めがみめぐり』ツクモがベルダンディーに!? 漫画やボカロ、ハッカドールとのコラボが続々判明…鉄道関係とのタイアップ衣装も

アクセスランキングをもっと見る