人生にゲームをプラスするメディア

GCD2004でEAカナダ社長が次世代機について講演

ゲームビジネス その他

『風のタクト2』やXbox2について発表が行われた今年のGDC1日目にeaカナダ社長のJohn Schappert氏は次世代機向けゲームについて、パブリッシャー達はどういう風に変われば良いのかといった講演を行いました。

Schappert氏は次世代機の能力について、少なくとも数年前に発売された現行機種の2倍(10倍も期待できる)の性能を持つことになるだろうと述べました。また、ダーウィンの進化論のように最も強いソフトウェアが生き残る状況が再び訪れるだろうとしました。

ソフトウェア供給媒体について、EAではDVDのままだろうと予測し、DVDでゲームを計画しているそうです。価格帯が50ドルのラインから動くかどうか予測することはまだ出来ないと述べました。

EAでは現在2200人の開発スタッフのうちベテランと若手をバランス良く選ばれた100人程度が次世代機の研究を行っているそうです。また同氏は次世代機の性能は「2年後に使用しているPCよりも良くなる」と述べて、現時点でもPC向けが売上を押し上げる事を期待してない、と言いました。

PSが想像を超えて長い時間プラットホームとして機能している事にも言及しました。EAは昨年PS向けのゲームを100万本売り、今年も2005年バージョンのスポーツゲームをPS向けに発売する予定です。Schappert氏はPS2はPSよりも長い期間稼動することになるだろう、として、EAの1つの次世代機への移行戦略として現行機種でできるだけ多くのゲームを売って、その資金を有効に活用する事を挙げました。

もちろん成熟したハードで好まれるゲームと、初期段階で「コアゲーマー」に好まれるゲームの違いについても理解しているとして、PS2で初期にEAカナダが開発してヒットした『SSX』のようなオリジナルのゲームが重要になってくると述べました。

最後にSchappert氏はEAの拡大していく姿勢を明確にしました。「TRSTSのレポートを読むと5つのカテゴリに関してEAは十分なプレゼンスを持っていない、これが私をいらいらさせる」。まだ現在の状況に満足はしていないようです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. グラビアVR作品「トキメキメテオ」の”トキメキ”とは? カミナリコゾウ監督インタビュー

    グラビアVR作品「トキメキメテオ」の”トキメキ”とは? カミナリコゾウ監督インタビュー

  2. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  3. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

    【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  4. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

  5. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  6. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  7. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  8. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  9. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  10. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

アクセスランキングをもっと見る