人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドー・ディーエスのQ&A

任天堂 DS

3月2日に任天堂オブヨーロッパがリリースしたニンテンドー・ディーエスに関するQ&Aの要点です。少し前の物です。

・DSはDouble Screenの略。でもまだ仮称。
・2004年末には全世界で発売の予定、LCDの調達が鍵のようす。
・2005年までは特に売り上げには期待していない?
・携帯ゲーム市場の拡大に期待。既存のゲーマーと新たなゲーマーにアピールできれば。
・GBAやGBASPの後継機ではない。DSとは競合せず共存する。
・GBAとその後継機が出るまでの穴埋めに過ぎない製品では無いのか→No.
・ディスプレイが縦に並ぶのか横に並ぶのかもまだ公表してない。
・ディスプレイが一枚の物を二つにつかうのか、二枚の物を使うのかも非公開。
・GBAとは違ったLCDを使っている。
・GBAの用にバックライトを搭載して見やすい画面である。
・ソフトの媒体にはディスクは使用しない、新型の半導体メモリ(容量は1Gbit、 GBAの大体8倍ぐらい)を使う。
・半導体メモリは製品を衝撃から強くし、小型で軽量な製品にしてくれる。
・新型の半導体メモリを使えば製品の製造から出荷までの時間を減らすことができる?
ろARM7のCPUはGBAの物よりもハイスペックである。
・充電可能なバッテリの搭載を予定している。GBASPと同じ物を使うかどうかはまだ判らない。
ろGBAのソフトが遊べるようにするかどうかはまだ決めていない。
・ソフトに関して、宮本茂氏も既にこのプロジェクトに巻き込まれている
《Jalopy》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

    「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  3. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

    2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  4. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  5. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  6. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  7. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  8. 今週発売の新作ゲーム『GRAVITY DAZE 2』『蒼き革命のヴァルキュリア』『ポチと! ヨッシー ウールワールド』他

  9. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  10. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

アクセスランキングをもっと見る