人生にゲームをプラスするメディア

ジニアス・ソノリティがプログラマを募集―開発体制強化

ゲームビジネス その他

第一弾タイトルとして『ポケモンコロシアム』を開発したジニアス・ソノリティがプログラマの募集を行っています。仕事内容は、開発支援のためのプログラム、ゲームキューブ用タイトルのプログラム、となっています。

スタート時は9人だったスタッフも現在ではヨーロッパ、アメリカからも集まり、50名ほどになっているそうです。

社長の山名学氏はこのようにコメントしています。

本来、ゲームはどうあるべきなのか。プレイヤーの心を打つゲームとは・・・ いま一度、純粋にユーザーが楽しめるものをつくっていきたい。さらには、日本発の文化をもう一度見つめなおし、海外市場までも視野に入れ、世界に通用するエンターテインメントとして育てていきたい。そのためにもぜひあなたの力を貸してくれませんか。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. マイクロソフトが『マインクラフト』で人工知能の学習能力を研究、今夏オープンソースで公開予定

    マイクロソフトが『マインクラフト』で人工知能の学習能力を研究、今夏オープンソースで公開予定

  2. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

    【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  3. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  6. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  7. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  8. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

  9. 記野直子の『北米ゲーム市場分析』2014年6月号― コンソール向けFree to Playの課題

  10. ムームー森川幸人氏が語る、ゲーム作りで「やっちゃいけないこと」

アクセスランキングをもっと見る