人生にゲームをプラスするメディア

EAとフォニックスがボイスコマンド技術で提携

ゲームビジネス その他

エレクトロニック・アーツはボイスコマンド技術で米フォニックスと提携を結んだ事を発表しました。契約は複数年に渡るもので、近い将来のEAのゲームでこの技術を使った物が登場すると期待されます。

フォニックスのソフトウェアは比較的少ないリソースでボイスコマンドをサポートする事が出来ます。日本語・アメリカ英語・イギリス英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語と主要な全ての言語をサポートしている事も特徴の1つです。

ボイスコマンドは声で命令を伝えたりする事ができるもので、家庭用機ではXBoxの『レインボウシックス3』などがサポートしています。

EAの技術チーフのScott Cronce氏は「音声技術について幅広い調査と研究を行った結果フォニックスの技術を利用するのが最適だと判断した。この技術は将来のEAのゲームにボイスコマンドの楽しみを付加するでしょう」と述べています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  7. ユークス、米国に開発拠点を設立

  8. Logitechが年内に家庭用ゲーム機向け周辺機器の生産から撤退

  9. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る