人生にゲームをプラスするメディア

【Pieces from SIMS Usual〜シムの日々の破片】第14回

任天堂 その他

前回はセーブデータを消すという、誰にでも経験がありそうで、かつ最もとんでもない間違いを犯してしまったOKOKです。今回は、GBA版に出てくるキャラクターについて少し書きたいと思います。

まず、ベイシードおじさんについて。「おじさん」とついていることからわかるように、主人公の叔父(伯父?)に当たる人物で、最初は彼の農場で働くことになります。まあ、身内だということからかもしれませんが、非常に優しく、友好値(主人公との仲良しの度合いを表すパラメータ)が最初から30もあり(普通最初は0からスタート)、まあ非常に接しやすいです。このゲームの目的として、「仕事をし金をためる」以外に、「人々と会話をし仲良くなる」というのは非常に重要な地位を占めているので、このベイシードおじさんの友好値をどんどん上げていくのは、ある意味、その他の住人とどういった風に接すればいいのかを学習する場、といったところでしょうか。

そのほかにも、非常に面白いキャラクターがたくさんいます。ダスティーとか。彼は、どこからどう見ても「ゴロツキ」にしか見えませんが、どうも憎めないキャラクターです。マザコン疑惑もあったり。なかなか会話による友好値アップはシビアですが、時々「ダスティーに渡してほしいものがある」と誰かから受け取ったものを彼に渡すと、「おう、ありがとうよ」と小遣い(10ドルぐらい)をくれたりします。まあいい奴でもないけど、悪い奴でもない、といったような。

シムバレーにはほかにももっとたくさんの住人がいて、それぞれ個性的です。いつか機会があったらキャラクター紹介をするかもしれません。そしてこのキャラクターの中に、自分にそっくりだなあと思える人がいるかもしれません。それもまた、この「シムズ」の醍醐味なのかも、とも思います。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  3. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

    『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  4. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  5. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  6. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  7. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  8. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

  9. 『ゼルダ』ライクな洋RPG『Oceanhorn』がニンテンドースイッチに!

  10. 『スプラトゥーン2』にボイスチャット機能が搭載!―スマートデバイスを使用する形式に

アクセスランキングをもっと見る