人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、次世代ゲーム機投入を当面見送りへ

任天堂 GC

日本経済新聞によると、任天堂は現行のゲームキューブに続く次世代機の投入を当面見送るということです。これはゲーム市場が縮小・多様化を強めるなかで、「顧客は今のゲーム機の機能に十分満足している」(岩田聡社長)と判断したためだそうです。

任天堂はキューブを中心に2005年中に新開発のアダプターや操作端末などの周辺機器を発売する計画で、概要は明らかにしていませんが、画像や音の表現能力を上げるのではなく、体感型ゲームや携帯型ゲーム機との連動といった多様な遊び方を想定し、ソフトの多様化で楽しめる遊びの幅を広げるものになる見通しです。

長期的な家庭用ゲーム機の開発は社内で続けるが、この2-3年はソフトの魅力向上につながるような機能をゲームキューブに追加し、他社の「次世代機」への対抗軸に据えるということです。

ソニーと米マイクロソフトが高機能の「次世代ゲーム機」を発売する計画なのに対し、任天堂はハードの機能性よりもソフトの魅力向上を重視した路線を鮮明にしました。
《クリ坊》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

    『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  2. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  3. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

    『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  4. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  5. 『ポケモンGO Plus』が発売直後から品薄状態に―次回出荷は11月上旬を予定

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 『ドラクエX』悪質なチート行為で20アカウントを処分 ― 重大な問題、警察への通報も辞さず

  8. 永久BANも…『ドラゴンクエストX』で1700キャラが利用停止―意図的な不具合利用のため

  9. 『ポケモンバンク』2017年1月より『サン・ムーン』に対応!図鑑機能も追加

  10. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top