人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、次世代ゲーム機投入を当面見送りへ

任天堂 GC

日本経済新聞によると、任天堂は現行のゲームキューブに続く次世代機の投入を当面見送るということです。これはゲーム市場が縮小・多様化を強めるなかで、「顧客は今のゲーム機の機能に十分満足している」(岩田聡社長)と判断したためだそうです。

任天堂はキューブを中心に2005年中に新開発のアダプターや操作端末などの周辺機器を発売する計画で、概要は明らかにしていませんが、画像や音の表現能力を上げるのではなく、体感型ゲームや携帯型ゲーム機との連動といった多様な遊び方を想定し、ソフトの多様化で楽しめる遊びの幅を広げるものになる見通しです。

長期的な家庭用ゲーム機の開発は社内で続けるが、この2-3年はソフトの魅力向上につながるような機能をゲームキューブに追加し、他社の「次世代機」への対抗軸に据えるということです。

ソニーと米マイクロソフトが高機能の「次世代ゲーム機」を発売する計画なのに対し、任天堂はハードの機能性よりもソフトの魅力向上を重視した路線を鮮明にしました。
《クリ坊》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  4. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  5. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  6. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  7. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  8. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

  9. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

page top