人生にゲームをプラスするメディア

SEGA-AM2大崎氏インタビュー『VF:CG』など

任天堂 GC

GameSpyにSEGA-AM2の大崎誠氏へのインタビューが掲載されています。『バーチャファイター サイバージェネレーション 〜ジャッジメントシックスの野望〜』に関する部分もありますので、紹介します。

―――『VF:CG』は大きな驚きがありました。あのような新しいキャラクターを作ったのはどうしてですか

VFシリーズは格闘ゲームで、高い年齢層や長年のゲーマーには強く訴えかける力があります。しかし他の長く続いているシリーズ、例えば『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』のように若いゲーマーや初めてゲームをする人には弱いです。私たちはなんとかこのような人たちにVFを遊んで貰いたいと思いました。

主人公は以前のVFシリーズからではありませんが、キャラたちは登場します。私たちはゲームでプレーヤーがヒーローだと感じて欲しいと思います。例えば『ポケモン』ではピカチュウのようなポケモンはゲームの基礎ですが、主人公はトレーナーのプレーヤー自身です。これと同じようにVFシリーズの過去のキャラと新しい主人公の関係を考えました。

―――するとゲームは若いユーザーに向けたものになりますか

はい。ゲームは若いユーザーをターゲットにしています。セガはソニック以外にそのようなゲームがありません。他社は、例えば任天堂ならポケモンやカービィ、カプコンならロックマンのようなゲームがあります。この分野はセガが弱い部分です。

若いプレーヤーにVFシリーズを紹介することによって、今後長い間に渡って格闘ゲームを楽しんでくれる層を開拓できるでしょう。

―――GBAとの連動などは

可能性はあります。しかし需要なども考えないといけません。

―――GBAでゲームを開発することは

将来的には有り得ます。個人的にはワイヤレスアダプタにとても興味を持っています。また、私の好きなゲームも沢山発売されています。(具体的には『マリオブラザーズ3』や『テトリス』を挙げています)
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る