人生にゲームをプラスするメディア

レベルXで宮本氏とナムコ岩谷氏がミニトークライブ

任天堂 GC

恵比寿ガーデンプレイスの東京写真美術館で開催されている「レベルX」で15日、任天堂の宮本氏とナムコの『パックマン』の生みの親の岩谷徹氏がミニトークライブを行ったそうです。

今回のイベントについて宮本氏は「ゲームそのものだけでなく、創り手側も扱ってくれているのが嬉しい」そして、岩谷氏は「日本人はエンターテイメントの発信に長けている。それが誇りに思えるような展示会」と話しました。

また『パックマンvs.』のプレゼンも行われて宮本氏は「今、ゲームは豪華仕様になってきたが、分業化が進みゲームデザイナーが本当にやりたいことをしているかは疑問」として、その1つの答えとして作った事を明らかにしました。

「今回のイベントで特に注目したものはファミコンロボット。またFCで育った世代が子どもを持つようになって新しいファミリーでのゲームの接し方ができてきている」と宮本氏。岩谷氏は「ビデオゲームの歴史は40年、FCが出たのが20年前と考えると20年ごとに大きなブレイクスルーがある。やはりファミコンの登場はエポックメイキングだった」と話したそうです。

平日は300人、土日は1000人ほどが訪れるという「レベルX」、来年1月まで開催されますので足を運んでみてはどうでしょうか。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  9. あの『超惑星戦記メタファイト』が復活!インティ・クリエイツ新作『ブラスターマスターゼロ』2017年春発売

  10. 2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

アクセスランキングをもっと見る