人生にゲームをプラスするメディア

GC『バーチャファイター サイバージェネレーション』概要

任天堂 GC

IGNによる『バーチャファイター サイバージェネレーション』の紹介の翻訳です。アクションや、そのボタンの振り分け、またどういう風にこのシリーズを受け継いでいるのか、ターゲット層などなど。
(元記事では、前半のストーリーや世界観の紹介がありますが、すでに紹介してあるのでその部分はカットしています)





『サイバージェネレーション』のゲームの感覚は『ファイナルファイト』と似た感じで、画面上の多数の敵と戦っていくというものだ。ゲームでは、アタックには2ボタンがある。Aでノーマルアタックで、連続で押すとコンボができる。12コンボまで見ることが出来た。

XYZボタンは”バーチャソウル”のために特に使用される。バーチャソウルを集めると、バーチャファイターシリーズからのものとわかる特殊能力を使えるようになる。 われわれは、主人公がサラとジャッキーのバックフィリップキック(?)や、アキラの"SPOD"等の技を見ることが出来た。集められた技は、XYZボタンに割り当てられ、実際のバトルで使うことが出来る。(実際のVFのような入力方法《注:コマンドのことをさしていると思われる》ではない。少なくとも50のソウルがあり、つまりシリーズからの50以上の技がある)


アタックボタンに加え、ジャンプボタンや、ピンク色のプラズマのムチでしがみつくことが出来るボタンがある。主人公のセイは、しがみつたいものに近づいていき、小さいマーカーにしがみつくことが出来、次から次へと移っていくことも出来る。また、敵に絡みつけることができ、同時アタックもできそうだ。敵を強い攻撃で飛ばし、空中で絡み付けて、コンボをフィニッシュさせることも可能だ。とてもクールな動きに見えた。


人間の敵とやる以外にもある。世界の中のオブジェクトを壊すことができ、時々ポイント(金?)を手に入れることが出来る。ポイントは、店で装備や回復に使える。

セガが発表したこのゲームのジャンルからわかるように、『サーバージェネレーション』には一級RPGにあるべき要素がある。戦いの前後に--ボイスやドラマティックな音楽がたっぷりの--長いムービーがあった。キャラクターは、RPGスタイルのステータス、HPやレベル、経験値といったものを持っている。.


確かに、これはバーチャファイターの異なる形だ。また、セガは今日、異なるユーザーをターゲットにしてデザインされていると認めた。このゲームは、もっと若いユーザーのために作られている--特に小中学生のために。

しかし、『バーチャファイター』のコアなファンは同じように楽しめるだろうか?プレイしてみるまでわからないだろう。

われわれがまだよくわかっていないのは、どこにバーチャファイターのキャラクターが出てくるのかという部分だ。(プレイ中の)ゲームのデモには、まったくバーチャファイターのキャラクターは出てこなかった。セガが見せてくれた動画のいくつかのクリップでは、アキラが出てくるのを見つけた--セイのトレーニングのような部分だった。シリーズのキャラクターはこのトレーニングのようなものにしか出てこないのか、というのはまだよくわかってはいない。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  2. ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く

    ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く

  3. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  4. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  5. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」ニンテンドースイッチソフトを一挙紹介! 『スプラトゥーン2』の新要素などに迫る

  6. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  7. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』マイニンテンドーストア限定版が1月27日に予約開始

  8. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  9. 【レポート】『モンハン ダブルクロス』ハンター新スタイル「レンキン」、ニャンター新スタイル「ビースト」を体験!

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る