人生にゲームをプラスするメディア

ファミコン型アラームクロックが発売!

ゲームビジネス その他

あの懐かしいファミコンの形をした目覚まし時計がファミコンプラザさんで発売されています。カセット部分がデジタルクロックになっており、Power&Resetスイッチで時間を合わせます。アラーム音がコインを取る音になっていたりと、ファミコン時代からのユーザーには堪らないほど凝った作りになっています。ちなみに再入荷は基本的にないということです。価格は1,500円。


「ファミコン型アラームクロック マリオブラザーズ版」 写真:左 「ファミコン型アラームクロック スーパーマリオブラザーズ版」 写真:右
《クリ坊》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

    【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  6. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

  7. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  8. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  9. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  10. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

アクセスランキングをもっと見る