人生にゲームをプラスするメディア

マリオカート快適ネット対戦は近い? WarpPipeプレイレポート

任天堂 GC

GameCubeAdvancedにて、トンネリングツールのワープパイプ(warp pipe)を使ったGC『マリオカートダブルダッシュ!!』のインターネット対戦のレポートが掲載されています。

対戦を行ったのは、ワープパイププロジェクトのディレクターとデベロッパーのChad Paulson氏とTushar Singh氏。Chad Paulson氏はインディアナ州ブルーミントンでアップロードスピードは256kbps、Tushar Singh氏はカナダのウォータールーでアップスピードは115kbpsという環境での、ネットを介した1on1の対戦です。

結果は、対戦全体で40fps〜50fpsを維持してプレイすることができたそうです。マリオカートは60fpsなので、約0.7倍ほどのゲームスピードを維持できたことになります。

Chad Paulson氏は、こう語っています。「興奮することに、家庭のDSLやケーブルで40-50fpsぐらいのを維持することができるベータプロダクトのリリースは近いでしょう。ベータリリースでも、まだアルファリリースのような機能的制限あるでしょうが、2004年の早いうちには完全なヴァージョン1.0をリリースしたいと思っています。1.0では、直感的なインスタントメッセンジャーと同じようなインターフェイスで、コンタクトリストやチャット、そして対戦相手をすぐ見つへることができる、といったようなことができるようになるでしょう」

レポートには、ネット対戦の様子の動画もアップされています。

同じ大陸とはいえ、国境を越えるぐらいの遠距離で60fpsにちかいゲームスピードを維持できる、ということで十分の実用性のあるものにまでできていることがわかります。ネット上のまだ見ぬ人と、2人、あるいは3人、4人でネット対戦ができるようになるのも近いのかも、と考えるとわくわくしますね。
《OKOK》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く

    ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く

  2. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  3. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

  4. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  5. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  6. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」ニンテンドースイッチソフトを一挙紹介! 『スプラトゥーン2』の新要素などに迫る

  7. 【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

  8. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  9. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  10. ニンテンドースイッチ向けに『ファイアーエムブレム』の完全新作を発表! 2018年発売を目指し開発中

アクセスランキングをもっと見る