人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックスキャラクターで携帯メニューを飾ろう

ゲームビジネス その他

D505iSを皮切りに続々とリリースされる505iSシリーズを大将に、携帯電話のメニューアイコンをカスタマイズできる機能がスクウェア・エニックスのiモード用携帯サイト「ドラゴンクエストTV!」と「スクウェア・エニックス ギャラリーi」に追加されました。

「ドラゴンクエストTV!」では、『ドラゴンクエスト』のモンスターを、「スクウェア・エニックスギャラリーi」では『ファイナルファンタジーVII』の主要キャラクターをメニューアイコンにすることができます。この時期にFF7、というのはやはりPS2で続編『アドベントチルドレン』が発表されたことに伴うものでしょうかね。

また、「ドラゴンクエストTV!」では『スライムもりもりドラゴンクエスト 衝撃のしっぽ団』の待ち受け画像も掲載されているそうです。

アクセス方法は下記の通り

アクセス名 アクセス方法 料金
ドラゴンクエストTV! iメニュー→メニューリスト→待受画面/iアプリ/フレーム→キャラクター→ドラゴンクエストTV! 月額200円コースと300円コース
スクウェア・エニックス ギャラリーi iメニュー→メニューリスト→待受画面/iアプリ待受/フレーム→キャラクター→スクウェア・エニックス ギャラリーi 月額300円/20枚
《織機 綺音》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【GDC 2009】面白いタイトルをしっかり売るには!? レベルファイブのプロデュース術を日野社長が大公開

    【GDC 2009】面白いタイトルをしっかり売るには!? レベルファイブのプロデュース術を日野社長が大公開

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. 『イングレス』は京都をそして世界をつなぐのか?・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第35回

    『イングレス』は京都をそして世界をつなぐのか?・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第35回

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  6. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  7. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  8. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  9. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  10. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

アクセスランキングをもっと見る