人生にゲームをプラスするメディア

GBAで『鋼の錬金術師』を2タイトル投入

任天堂 GC

BloombergによればGBAで『鋼の錬金術師』を来年2タイトル投入するそうです。

「鋼の錬金術師」はスクウェア・エニックスの漫画雑誌月間「少年ガンガン」に 2001年7月から連載されているもので、現在までに単行本が6冊出版されています。アニメも今年の10月から開始されていて、これを受けて単行本の発行部数も増加しているそうです。

ゲームはスクウェア・エニックスからライセンスを受ける形でバンダイから発売されるそうです。年内にはPS2版が発売されます。

スクウェア・エニックスでは『ドラクエ』や『FF』が無い年は業績が大幅に上下するのをなんとか出版事業や関連事業で収益の多様性を図りたいとしているそうです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る