人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、バンダイ株の買い増しも

任天堂 GC

任天堂の森仁洋専務は昨日の中間決算の発表で、2.6%を取得したバンダイ株について「バンダイとは長期的な協力関係を考えている。強引な株式の買い増しではなく、先方から要望があれば考えたい」と話して、買い増しの可能性を示唆したそうです。

任天堂は、バンダイのキャラクター開発力を高く評価していて、さらにバンダイ株の保有を増やすことで、ゲームや玩具の開発、販売力を強化できると見込んでいるようです。

これに関連して、最新号の「財界(11.18)」でバンダイ創業家で非常勤取締役の山科誠氏は「任天堂は白紙と言っているがそれは当然。買い増しは出来るし、そうすればすぐに筆頭株主。あるいは買収しようとすれば出来る。善意で相手を信用するのは構わないが、(買い増しを制限する)契約もしていない。もしものとき経営陣は責任をとれるのか」。

更に「いま任天堂は調子が悪いから渡りに船だと思う。僕は久多良木さんも会うしソニーは大人だから言わないけど、でも『バンダイさんは任天堂の参加に入ったんですか、じゃちょっとご遠慮くださいこれからは』って言われたりした場合にどうするのか」、「今回バンダイ株を任天堂が持ったことは任天堂には利益があるけど、バンダイの利益はどこにあるのか。そうした根本的な所を問題提起しておきたい」と話しています。

この先どうなるんでしょうか。一説には株主売却を拒んだ山科氏への主力銀のUFJ(=現社長の高須武男氏)からの圧力という話もありますが・・・。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  2. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  3. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

    「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  4. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  5. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  6. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  9. 『めがみめぐり』ツクモがベルダンディーに!? 漫画やボカロ、ハッカドールとのコラボが続々判明…鉄道関係とのタイアップ衣装も

  10. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

アクセスランキングをもっと見る