人生にゲームをプラスするメディア

am3、「アドバンスムービー」が11月20日からサービス開始

任天堂 GBA

当初の予定より大幅に遅れましたが、株式会社エーエムスリーはゲームボーイアドバンスで動画映像などのコンテンツを楽しめるサービス「アドバンスムービー」を11月20日から開始します。映像を収録したスマートメディアと専用アダプタでムービーを楽しむ事が出来ます。

専用の「アドバンスムービーアダプタ」は3200円で、映像が入ったスマートメディアが2380円となります。第一弾は「名探偵コナン」で第2話「社長令嬢誘拐事件」、第3話「アイドル密室殺人事件」、第4話「大都会暗号マップ殺人事件」が発売されます。また3万台限定でアダプタと「名探偵コナン 第1話 ジェットコースター殺人事件」を収録したアドバンスムービーカードをセットにした「スペシャルパック」が3800円で発売されます。ブランクカードは1800円です。

アダプタにはデコードチップなどは含まれておらず、全てGBAのCPUで行っているとのこと。この部分には仏ACTIMAGINEの技術を使用し、非力さを補っているそうです。この技術はゲーム製作にも応用可能とのことで、任天堂を通じてスクウェア・エニックスに技術供与され『キングダムハーツ チェインオブメモリーズ』で使われるそうです。

セキュリティにも万全を期していて、全てのアドバンスムービーカードにはROMの部分には固有のIDが振られているそうです。この仕様は通常のスマートメディアには含まれてない為、通常のスマートメディアは使用できないそうです。更にコンテンツにもIDが振られて、メディアとコンテンツのIDが一致しなければ再生しないようになっているそうです。カードのIDを複製するにも1千億円程度の設備投資を行わなければ無理と、万全のセキュリティを実現しています。

コンテンツはPCからダウンロードしスマートメディアライタでメディアに記録する方法が予定されています。価格は100円〜500円程度になるようです。また、街角に設置した「アドバンスガチャガチャ」でコンテンツを書き込む方法も予定されています。これらは2004年春頃からの予定。

それまではというと、当面は「名探偵コナン」で普及を図り、12月18日からは「タイムボカン」を収録したメディアの販売も開始するそうです。1月以降も毎月第3木曜日に新作を使いするそうです。プロダクション・アイジー、マッドハウス、スタジオぴえろ、手塚プロダクションなどが参入を予定しているとのことで、今後は幅広いコンテンツが楽しめるようになりそうです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

アクセスランキングをもっと見る