人生にゲームをプラスするメディア

宮本さんの通訳、Bill Trinen氏インタビュー

任天堂 GC

Game Informerに宮本氏の通訳をE3やGDCの際に担当している任天堂オブアメリカのBill Trinen氏へのインタビューが掲載されています。なんでもNOAのローカライズチームに所属していて、通訳の仕事も宮本氏が2000年3月のGDCでスピーチをする際が初めてで、宮本氏に合ったのも初めてだったとか。

Bill Trinen氏は高校の頃に日本語を勉強して、ずっと渋谷でウェブデザインの仕事をしていたそうです。その後結婚してアメリカに帰った後に、同じ仕事を探していたけれど「ウェブデザインの仕事はないがシアトルのゲームメーカーが翻訳を出来る人を探している、興味はあるか」と言われたのが任天堂だったそうです。任天堂に入ったのが5年前、最初は『時のオカリナ』のバグレポートを翻訳する仕事をして、直ぐローカライズチームに移り、『マリオパーティ』のローカライズをやったそうです。

宮本氏の通訳をすることになった経緯は不思議で、入社したのが99年10月だそうですからGDCがあったのは2000年3月ですから、たった6ヶ月間です。ある日、ジム・メリック氏(当時ソフトウェア・エンジニアリング・マネージャー)がやってきて「日本語は大丈夫ですか?」と聞かれ何も知らずに「Yes」と答えたところ、いきなり通訳をやれ、という事になったそうです。

宮本氏については「一緒に仕事をするのはとても楽しい。彼はみんなが思ってるより英語を理解してる」とのこと。E3のカンファレンスに登場した仲の良いと言われるウィル・ライト氏とも通訳なしで会話してたとか。また、E3の終わりごろ疲れていて一部訳さなかったら、訳さなかったでしょと突っ込まれた事もあるそうです。

ローカライズしていて大変だと思ったのは『ファイアーエムブレム』で日本語の難しい固有の単語が沢山あるからだそうです。ただローカライズには関わってないそうで「訳すことがなくて嬉しい」と話しています。一番楽しかったゲームは『どうぶつの森』だそうです。『ムジュラの仮面』はそう難しくはなかったが、時間によって変わるキャラの台詞を整えるのと、タイムリミットが厳しくて大変だったそうです。

最後に日本語を勉強したい人へのアドバイス「私が勉強し始めた時、特に目標を持っていた訳でも無いし、今こういう仕事をする事になるとは全く思ってなかった。例えばイタリアに行きたくてイタリア語を勉強するとなると、行けてしまえば勉強はそこで終わりです。でも好きという気持ちをもって続ければそれで終る事無くやれる」と話しています。英語でもフランス語でもドイツ語でも一緒ですね、きっと。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

    「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

  2. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」1月18日号公開―『テイルズ オブ』シリーズのセールが開始!

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」1月18日号公開―『テイルズ オブ』シリーズのセールが開始!

  3. 3DS『プロ野球 ファミスタ クライマックス』4月20日発売! 球団マスコットも選手として登場

    3DS『プロ野球 ファミスタ クライマックス』4月20日発売! 球団マスコットも選手として登場

  4. 「ニンテンドースイッチ」NY体験会の無料配布グッズにプレミア価格、「飲料水」に100ドルも

  5. 「常人には理解不能」な内容も含む“狂気の芸術的STG”『Teslapunk』Wii Uで1月25日配信

  6. 3DS『マリオスポーツ スーパースターズ』発売日が3月30日に決定

  7. 『スプラトゥーン2』あの“小さなネコ”はジャッジくんの腹の上がお気に入り!?かわいい映像が公開

  8. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」ニンテンドースイッチソフトを一挙紹介! 『スプラトゥーン2』の新要素などに迫る

  9. 「ポケモン」もちふわクッションに「ピカチュウ(すやすや)」「イーブイ」が登場!3月中旬発売

  10. 『星のカービィ』「カービィ」「メタナイト」の新たなぬいぐるみが4月中旬発売、三英貿易より

アクセスランキングをもっと見る