人生にゲームをプラスするメディア

「TOY FESTA 20302 in としまえん」会場フォト集―その他編

ゲームビジネス その他

その他の写真です。操作パネルやら看板やら任天堂以外のブースの写真だったり。任天堂以外にはSCEやスクウェアエニックス、コナミグループといったあたりがブースを構えていました。ほか任天堂のブース内にもセガやユークスなどのライセンシータイトルが展示されていました。

マリオカートダブルダッシュの操作パネルです あつまれメイドインワリオ


次いで他のブースをいろいろ。SCEは東京ゲームショウと同じように「EYE TOY」や『グランツーリスモ4』や『ラチェット&クランク』なんてタイトルを出展していたそうです。『GT4』はちょっとぼかしがきつめだったという話も。

ソニックヒーローズの試遊台 ユークスはGC版とGBA版の看板を逆に設置していたらしい
SCEブースです
スクウェアエニックスは「剣神ドラゴンクエスト」も出展してました


最後に看板集。



このページの写真は彼岸花の波ぴか氏が撮影しました。感謝致します。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る