人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ガチャフォース(GC)

任天堂 その他

カプコンのゲームキューブ新作タイトル、『ガチャフォース』。このゲームは、ガチャボーグと呼ばれる小さなマシン生命体を集め、その集めたガチャボーグを使ってバトルするゲームです。東京ゲームショウの体験版では、ゲームの序盤と、対戦モードが体験できました。

このゲームの肝は、やはり爽快感あふれるバトルでしょう。バトルのシステムはいたってシンプル。Aボタンでジャンプ、Bボタンで攻撃。Xボタン(Yだったかも、失念)で特殊攻撃。覚えるべきはこれだけです。敵へのロックオンは、手動で変更もできますがほぼオートでやってくれます。とてもこのコントロールは単純かつわかりやすく、初めて触った人でもすぐになじめますし、面白さが伝わってきます。ボタン連打でもある程度いけるという感じですが、それでもレベルが上がれば十分な戦略性が必要となる感じでしょう。バトルはとてもスピーディーで、めまぐるしくうごいていきます。その分、カメラの動きもかなりすばやく、一瞬自分の位置がわからなくなることもありましたが、このスピード感などを考えれば十分なレベルのカメラでしょう。また、見た限りフレームレートも安定していて、処理落ちは見られませんでした。

また、1人モードのほかに、多人数プレイもできます。分割画面で、4人までの対戦が可能で、メモリーカードを持ち寄って、それぞれ自分のガチャフォースを使っての対戦も可能なようです。初心者でも、単純操作なだけに結構楽しめると思いますし、このスピード感や手軽さから言って、パーティーゲームとしても十分な価値があるでしょう。

また、このガチャボーグは、200種類以上あるということで、収集意欲もかきたてられます。そうしてガチャボーグをたくさん集めて、どのようにフォース(戦隊)を組み、どう戦っていくか、という戦略性も生まれてくることでしょう。あくまでバトルはアクションなので、収集し強いフォースを組めばもう最強、というわけでもなく、最終的にプレイヤーの戦略性と反射神経の両方が試されることでしょう。

見た目は子供向きですが、大人がやっても十分にプレイに耐える作品のように見えました。バトルのアクションはかなり楽しいです。『ガチャフォース』は11月27日発売、価格は6800円となっています。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

    ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  2. SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

    SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

  3. 2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

    2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

  4. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

  7. 『星のカービィ』GB版・SFC版デザインを再現したぬいぐるみが登場!パッケージポーチも付属

  8. スイッチ本体と『ゼルダの伝説 BotW』限定版の海外公式開封映像!

  9. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

  10. 『スプラトゥーン2』新ステージ「ガンガゼ野外音楽堂」公開、ロックの聖地でもインクまみれのバトル!

アクセスランキングをもっと見る