人生にゲームをプラスするメディア

任天堂UKのGMに元NOAのDavid Yarnton氏が就任

ゲームビジネス その他

任天堂UKは任天堂オーストラリアからDavid Yarnton氏をゼネラルマネージャーとして迎えると発表しました。同氏はセールス&マーケティングディレクターとしてオーストラリア及びニュージーランドを担当してきました。

同氏は1995年に任天堂に入社し、国内の販売を担当した後、N64の発売と同時にセールス&マーケティングマネージャーに就任、2002年1月からはディレクターとなりました。

ドイツに本拠を置き欧州市場を統括する任天堂オブヨーロッパのDavid Gosenマネージングディレクターは「私達はDavidが英国チームに加わることを喜びます。彼は販売やマーケティングそして経営に豊富な経験を持ちます。2004年は任天堂にとって重要な年になるでしょう。Davidは任天堂の英国での地位を更に強くするでしょう」とコメントしています。

David Yarnton氏は英国に生まれ、1961年にオーストラリアに移住。南オーストラリア工科大学を卒業、マーケテチィングビジネスの学士号を取得しています。スポーツが好きでラグビーやホッケーを楽しむそうです。ゲームではストラテジー、FPS、レースが好きで一番好きなゲームは『ゴールデンアイ』、次にすきなのがナムコの『ギャラガ』・『ギャラクシアン』だそうです。

《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

    【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  6. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

  7. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  8. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  9. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  10. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

アクセスランキングをもっと見る