人生にゲームをプラスするメディア

NPDが北米市場は更に拡大中とする報告書を発表

ゲームビジネス その他

米NPDグループは北米のゲーム市場が更に拡大中で、今年のホリデーシーズンは例年よりも大きな売上が記録されるだろうとの報告を出しました。

報告に寄れば今年の前半8ヶ月の家庭用/携帯ハードの売上は前年とくらべて5.1の下落を見せたものの、ソフトでは家庭用機が14%、携帯機が7.6%上昇したとのことです。更に家庭用機3機種合計で40ドル以下の価格帯のソフトが270本を超え、低価格化がソフト売上増に繋がっているとしています。

各機種でのタイレシオ(1ハードに対するソフト売上本数)はゲームキューブでは昨年1-8月で4.6本に対して今年の1-8月では5.7本と上昇しています。PS2では昨年6.1本に対して7.1本、Xboxでは昨年4.8本に対して5.8本。GBAでは昨年2.9本に対して今年3.3本です。どの機種も1本程度の改善を見せています。

クラスプラットホームに関する1000人に対する調査では約50%のユーザーがオンラインでゲームを楽しんでいる事が明らかになっています。また、一週間にゲームを遊ぶ時間の機種毎の調査ではゲームキューブ7.1時間、PS2は7.9時間、XBoxが8.1時間となっています。

2003年1月から8月までのゲーム売上トップ10で任天堂機種からは2位・4位に『ポケットモンスタールビー・サファイア』が、3位に『ゼルダの伝説 風のタクト』が入っています。他7タイトルはPS2で1位『マッデンNFL』、5位『エンターザマトリックス』、6位『GTA3 ViceCity』、7位『The Gateway』、8位『NBAストリートVol.2』、9位『Th Sims』、10位『NCAAフットボール』となっています。XBoxは0です。

「最近のトレンドや今回のクラスプラットホーム調査から、今年のホリデーシーズンにおいて価格の低下によって非コアユーザーが市場の中心になる可能性がある。更にハードウェアの価格が下がれば、コアユーザーよりも価格をより意識する一般ユーザーがハードを買う要因になるだろう」と結論付けています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  2. ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

    ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

  3. 【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

    【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

  4. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  5. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  6. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  7. 【レポート】「CEDEC+KYUSHU2016」日野晃博氏による開幕講演…九州のゲーム開発者よ、オリジナルIPを開発しよう!

  8. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  9. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  10. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

アクセスランキングをもっと見る