人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】R: RACING EVOLUTION(GC)

任天堂 その他

『R: RACING REVOLUTION』はリッジレーサーとmotoGPの流れを汲む新しいレースゲーム。「人」という存在をキーにして作り上げたレースゲームはこれまでのレースゲームとは一風変わった新しさを見せてくれました。

東京ゲームショウ版ではアーケードモードのみが体験出来ました。私はGALSONIC SKYLINEを選んでレースを始めてみました。レースは2周で、6台のレースが順位を競います。

操作法はRがアクセル、Lがブレーキ、Xで視点を変えて、アナログスティックでハンドル操作と至ってシンプル。視点はマシンの後方から見る第三者視点とコクピットからの迫力ある視点の二種類が用意されていました。また十字キーでギアを変更できました。

「人」をテーマにした作品と言いましたが、すぐにレース中で「人」を感じられる点は二箇所あります。まず1つ目はライバルやピットからの声が表示される所です。声は文字として画面中央上辺りに表示されます。ライバルからの声は例えば、抜いたライバルマシンから「焦りは禁物だ」や「OK、ここでやられる俺じゃない」、ピットからだったら「テクニックの差を見せ付けてやれ」とか「あと一周だ無茶するなよ」、独走していれば「あんなスピードで走られたら・・・」というライバルからの声が入ってきます。

もう1点は、今までに無いシステム、プレッシャーメーターです。近くに居るライバルマシンには名前がマシンの上に表示されますが、その直ぐ下にメーターが表示されます。これがプレッシャーメーターで、最初は白抜きのメーターで近くに近づいてプレッシャーを強く掛ければ段々赤くなっていき、ライバルはミスをし易くなります。

グラフィックは機種ごとに少々差があります。やはりXbox版が一番綺麗なようでした。といっても、どの機種もグラフィックは相当書き込まれていました。

ちなみにゲームショウ版はかなり難易度が抑えられてるようでした。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  2. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  3. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

    スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  4. ニンテンドースイッチの価格・発売日からタイトル発表まで! 『スプラトゥーン2』『ゼルダの伝説 BoW』も飛び出したプレゼンを振り返る

  5. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  6. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  7. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」ニンテンドースイッチソフトを一挙紹介! 『スプラトゥーン2』の新要素などに迫る

  8. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』マイニンテンドーストア限定版が1月27日に予約開始

  9. たくさんの「ピカチュウ」がキュートな合皮財布&カバンが登場!海外通販サイトにて

  10. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

アクセスランキングをもっと見る