人生にゲームをプラスするメディア

「ゾイドインフィニティ発表会」レポート

任天堂 GC

「ゾイドインフィニティ発表会」レポート
  • 「ゾイドインフィニティ発表会」レポート
  • 「ゾイドインフィニティ発表会」レポート
  • 「ゾイドインフィニティ発表会」レポート
  • 「ゾイドインフィニティ発表会」レポート
「秘密ゾイドカンファレンス」とあったので行ってみたのですが、AC版の発表で、更にはPS2に移植されると全く関係なかったのですが、折角なのでレポートを掲載しておきます。

『ゾイドインフィニティ』はタイトーとトミーが共同開発するアミュズメント施設向けのゾイド。実際にゾイドに乗る感覚を味わえる20周年記念作品です。カンファレンスでは開発の経緯から話されていきました。ステージに上がったのはタイトーCSグループリーダーの三上氏とトミーの森岡氏。

森岡氏はまず「ゾイドは今年20周年を迎えるということで、何かデカイ事をやろうということになって、それでタイトーと一緒にやろうということになった。タイトーと言えばいろいろな大型筐体を使ったものをやっています。ゾイドファンの夢の1つは乗って動かそうというもの。夢を実現するには大型筐体をやっているトミーとのコラボレーションが相応しいと考えた」と話しました。

タイトーの三上氏は「タイトーは2つの大きなテーマ、シューティングの爽快感と達成感、乗り物に乗って楽しい、というゲームをずっと作ってきました。今回はその両方を生かせます」とコメント。

『ゾイドインフィニティ』ではカードを購入して、帝国と共和国そして秘密の第3勢力の中から所属を選んで遊びます。各施設はタイトーのネットシステム「メシス」で結ばれていて、ゲームの結果は集計されて戦局が刻々と変化していくそうです。

最後に今後の展開として、来年PS2でも発売される事が明らかにされました。PS2版ではじっくり遊べる要素をプラスするそうです。トミーとタイトーは似た会社なのでもっとやれそうな期待がある、とも話していました。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  3. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

    『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  4. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  7. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

  10. 【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3 プロフェッショナル』ついに首位へ、『ドラゴンシンカー』初登場ランクイン(2/23)

アクセスランキングをもっと見る