人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウ2003記者会見(画像追加)

ゲームビジネス その他

ダンスダンスレボリューション S
  • ダンスダンスレボリューション S
  • ダンスダンスレボリューション S
国際会議場において、26日午後1時30分より、CESA主催の東京ゲームショウ2003記者会見が開催されました。会見には各理事が出席し、今後のCESAの活動について説明を行いました。

会長の辻本氏は冒頭の挨拶で、「ビデオゲームはコンテンツ産業の中で唯一の輸出産業で、国内出荷が3800億円なのに対して輸出額は8735億円と倍以上になっている。そして国内は減少傾向でそれを海外の増加分でカバーしている状況。世界に展開しているハードは圧倒的に日本産が多く、欧米等の先進国はもとより、アジアも今年展開されていくのではないか」と話しました。

ついでCESAにある、各委員会の理事から活動状況が報告されました。順に
・イベント委員会
・技術委員会
・人材育成委員会
・知的財産委員会
・調査広報委員会
・流通委員会
・倫理委員会
です。面白そうなコメントを抜き出してみます。

「(CEDECなどで技術向上を行っている・・・)面白い物を提供する時には技術の裏付けが必要になる。そういう意味で技術者の助けなるような事をやっている。それが国内メーカー競争力に繋がっていくではないか(技術委・佐藤セガ社長)」

「7月の第四日曜日をビデオゲームの日にする。内容は決めてないが大きなイベントをやる(流通委)」

「(CERO)現在審査を受けているのは市場に出る半数ほど。今後更に比率を上げる努力をする。SCEではPS2/PSは審査を受けないゲームはダメという方針を決めたと聞いている。流通の協力も得ていきたい(倫理委)」

質疑応答では、AMの業界団体との協力も必要ならやっていく(昨年はTGSとAMショーが被った)、CEROは11月からPCにも拡大すると内々的に決まっていて更に拡大することもある、などという事が明らかになりました。

(写真)
手前 >> 辻本会長(カプコン)・工藤副会長(ハドソン)・佐藤副会長(セガ)・渡邊専務理事(CESA)
後側 >> (北上常任理事(コナミ))・(伍賀常任理事(バレンプレスト))・猿川常任理事(ナムコ)・山本常任理事(EA)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 「DXライブラリ」がPS Vita/PS4に対応!既存ゲームの移植や新規開発をスムーズに

    「DXライブラリ」がPS Vita/PS4に対応!既存ゲームの移植や新規開発をスムーズに

  3. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

    任天堂ミュージアムに行ってきました!

  4. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  5. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  6. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

  7. 『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

  8. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  9. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  10. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る