人生にゲームをプラスするメディア

「メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス STAGE蛇」イベントレポート

任天堂 GC

「メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス STAGE蛇」イベントレポート
  • 「メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス STAGE蛇」イベントレポート
  • 「メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス STAGE蛇」イベントレポート
  • 「メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス STAGE蛇」イベントレポート
  • 「メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス STAGE蛇」イベントレポート
  • 「メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス STAGE蛇」イベントレポート
  • 「メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス STAGE蛇」イベントレポート
東京ゲームショウ2003にて、コナミの小島秀夫氏、シリコンナイツ、そして任天堂のコラボレーション作品となるGC『メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス』のステージイベント「メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス STAGE蛇」が行われました。

壇上には、『メタルギア』シリーズで監督を務めているコナミの小島秀夫氏、そしてシリコンナイツのデニス・ダイアック氏(と通訳の方)が登場しました。

外国の方とコラボレーションするにあたり、考え方の違いなどといった不安はあるのではないか、という問いに対し、小島氏は、「(小島氏、デニスダイアック氏がこれまでの人生の中で)見ているもの、映画とか、ゲームとかが同じで、考え方などは同じなので、言葉の壁はあっても気にならなかった」と語りました。

プロジェクトの依頼があったときはどうだったか、という問いには、デニス・ダイアック氏は、「オリジナルのMGSのファンだったので、世界最高峰のソフトにかかわれて光栄ですし、世界最高峰のチームと一緒に仕事ができることを感謝しています」と答えていました。製作のほうは予定通り順調で、クオリティーは高くなるよ、と語っていました。

そこに、このコラボレーションのきっかけを作った任天堂の宮本茂氏からのビデオメッセージが。「(ソフトの出来は)日増しによくなっています・・・作家性が強いチームと小島さんが一緒にやることで不安もあったんですが、いいものが出来そうです。よりメタルギアらしいゲームになるでしょう。小島さん、デニスさん、一緒にがんばりましょう」

発売時期を聞かれ、小島氏は、「冬です。2004年頭に出せるように努力しています」とのこと。

最後に、小島氏、デニス・ダイアック氏からのメッセージが。
デニス・ダイアック氏  「1を遊んだ人も遊んでない人も楽しめると信じています」
小島氏  「あらたに生まれる21世紀のメタルギア、ぜひ買ってください」
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る