人生にゲームをプラスするメディア

『ぷよぷよフィーバー』はレンダーウェアを採用

任天堂 GC

クライテリオン・ソフトウエアはセガ・ソニックチームが開発している『ぷよぷよフィーバー』が同社のゲーム開発向けミドルウェア「RenderWare Graphics」を採用した事を発表しました。

ソニックチームの中祐司社長は「クライテリオン社のRenderWare Graphics及びサポートにより、RenderWareが対応しているPlayStation2、NINTENDO GAMECUBE、Xboxを含めた4機種同時発売をスムーズに実現することが出来ました。クライテリオン社には、今後も開発現場のフィードバックを迅速に反映した最新の開発環境の提供を期待します。」とコメントしています。

『ぷよぷよフィーバー』は4機種で今冬に発売予定です。東京ゲームショウにも出展決定していてゲーム大会なども行われる予定です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  8. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  9. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  10. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

アクセスランキングをもっと見る