人生にゲームをプラスするメディア

アタリがECTS出展タイトルを発表

ゲームビジネス その他

アタリは今月27日から29日までロンドンで開催されるECTSへの出展タイトルを明らかにしました。ゲームキューブタイトルでプレイアブルなのは既に日本では発売されている『ベイブレード』のみですがマルチプラットホームタイトルでは幾つかビデオ出展のものがあります。

・エンター・ザ・マトリックス(全機種)
・ミッションインポッシブル オペレーション・サルマ(PS2)
・ターミネーター3 ライズ・オブ・マシーンズ(全機種ビデオ)
・ドライバー3(全機種ビデオ)
・Kya(PS2)
・ドラゴンボールZ 武道会II(PS2)
・ベイブレード(PS/ゲームキューブ)
・ダンジョンズ&ドラゴンズ ヒーローズ(Xbox)
・マジック・ザ・ギャザリング: バトルグラウンド(Xbox)

『ミッションインポッシブル』はゲームキューブでも発売されます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

    言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  4. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  5. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  6. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  7. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  8. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  9. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る