人生にゲームをプラスするメディア

GBAでロボットを操作して遊ぶおもちゃ開発中

任天堂 GBA

おもちゃ会社のチャイルドライクス(Childlikes)はGBAを使って遊ぶ「バグズ・ロボット・ゲーミング・セット(Bugz Robot Gaming Set)」を任天堂と共同で開発している事を明らかにしました。

GBAはAI、インターフェイス、サウンドエフェクト、ディスプレイの為に使用します。このセットでバグ・サッカー、レーザータグ、レスリング、レースなどが遊べるそうです。GBA画面には各プレイヤーのステータスなどが表示されるそうですが、ゲーム中はステージ部分を主に見てGBAはサウンドや音楽を流すのに主になるようです。

会社の創業者で自身開発も手掛けるMitch Randall氏は他のGBAデベロッパーも開発に参加して欲しいと呼びかけています。また、このシステムは2月に開催された2003トイフェアに出展されていてその際には80ドル(GBASPは同梱しない)と表示してあったそうです。

チャイルドライクスではこのシステムの販売方法などについて詳しくは好評していませんが、既に大手メーカーと話をしているところだそうです。これが任天堂が先に話した2004年春の製品とは思えませんが、E3に出展されていたGBAとスロットルレーシングゲームの連動と似た面白い形の製品になるのではないかと思います。

《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

    『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

  2. 『モンハン ストーリーズ』の3DSテーマ4種類が配信決定―キュートなアイルーからカッコいいオトモンまで

    『モンハン ストーリーズ』の3DSテーマ4種類が配信決定―キュートなアイルーからカッコいいオトモンまで

  3. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  4. 【レポート】『モンハン ストーリーズ』メディア対抗戦は超白熱!果たしてインサイドの順位は…?

  5. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  6. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. トワプリ版ゼルダ&リンクのfigma予約開始―5種類の装備が付属したDXリンクも

  9. 『ポケモン サン・ムーン』にオーキド博士が変わり果てた姿で登場

  10. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

アクセスランキングをもっと見る

page top