人生にゲームをプラスするメディア

ナムコが2003年度第1四半期決算を発表

ゲームビジネス その他

株式会社ナムコが2003年第1四半期の決算を発表しました。

当初2億円弱の赤字を見込んでいましたが、家庭用ゲーム機向けゲームソフトの売上が好調だったこともあり、大幅に改善し営業利益は14億2600万円、経常利益は12億7000万円を確保しました。

国内市場ではPS2『太鼓の達人ドキッ!新曲だらけの春祭り』・『熱チュー!プロ野球2003』の2タイトルが、海外では『ゼノサーガエピソード?』や『パックマンワールド2(廉価版)』などが好調でした。ゲームキューブ向けでは『ファミリースタジアム2003』が4万3000本売れています。

また開発費ではナムコ本体での開発分が27億2900万円、外部への委託開発費が10億3200万円となりました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

    「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

  2. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  3. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

    Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  4. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  7. 【レポート】「CEDEC+KYUSHU2016」日野晃博氏による開幕講演…九州のゲーム開発者よ、オリジナルIPを開発しよう!

  8. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  9. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る