人生にゲームをプラスするメディア

GC『新世紀サイバーフォーミュラSAGA』続報

任天堂 GC

「東京スゴウ豊島営業所」によると、GCで開発中の『サイバーフォーミュラ』の発売が秋(9月、10月頃?)に延期になったようです。

また、同サイトにてスゴウ、ユニオンセイバーに続いて「シュトゥルムツェンダー」のチーム紹介が追加されています。

シュトゥルムツェンダー、旧名「シュトロゼックプロジェクト」。
スゴウアスラーダから最年少チャンピオンが輩出された第10回大会の翌年にあたる2016年、それまでドライバーであったフランツ・ハイネルがオーナーとなり結成されたチーム。それまで犬猿の仲であったジャッキー・グーデリアンをそのメインパイロットに迎えて鮮烈なデビューを遂げました。

今回のソフトではデビュー以来使用してきたシュティールシリーズの最新型「HG-165シュティール」を採用しています。コーナリング時にバイクのように車体全体がスイングする独特の機構など全チームの中でも随一の斬新なシステムを搭載し続けてきたこのチームですが、今回はこのマシンが「このゲームはどの時間軸で行われているのか?」を掴む手がかりとなりました。

というのも、シュトゥルムツェンダーはこのマシンの後、シュティールシリーズの性能限界から「HP-022シュピーゲル」というこれまたパイロットが寝そべって乗る、という極めて特異な構造を採用した新型マシンを採用しているため、その採用前であろうと思われます。

「東京スゴウ豊島営業所」においても、おそらく第16回大会であろうことが述べられています。おそらくパイロットへの薬物投与でアオイが1年間の出場停止を受けていた2020年の設定なのでしょうかね?

実際「スゴウアスラーダ」が名前そのままなあたり、2021年以前であろうことは推測されていましたが....(2022年にGIOというメーカーとジョイントを組んで「スゴウGIO・グランプリ」と改称しているため)。


うーむ....だとするとアオイのマシンのグラフィックも用意されているのはなぜだろう?何らかの条件クリアすると出せる隠しマシン、とかでしょうかね。
《織機 綺音》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

    『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  2. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  3. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

    『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  4. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  5. 『ポケモンGO Plus』が発売直後から品薄状態に―次回出荷は11月上旬を予定

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 『ドラクエX』悪質なチート行為で20アカウントを処分 ― 重大な問題、警察への通報も辞さず

  8. 永久BANも…『ドラゴンクエストX』で1700キャラが利用停止―意図的な不具合利用のため

  9. 『ポケモンバンク』2017年1月より『サン・ムーン』に対応!図鑑機能も追加

  10. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top