人生にゲームをプラスするメディア

『ヒットマン2: サイレントアサシン』ゲーム概要

任天堂 GC

長らく開発が続けられていた『ヒットマン2: サイレントアサシン』のゲームキューブ版が完成しました。ゲームは既に発売されたPS2やXBOX版の移植で、発売元のアイドスによれば関わったプログラマーは1人だけとか。

あなたは「47」と呼ばれる男です。男は素性の知れない全く謎の人間です。しかし男はその昔マフィアに関わり、殺しの依頼を受けていたプロの殺し屋でした。また時に最も危険で全く恐怖を知らない兵士でもありました。彼の汚い仕事は伝説になりました。

『ヒットマン2』のストーリーはおだやかな日々から始まります。しかしそれは長くは続きました。その時「47」は危険な仕事からは引退してシシリア島で唯一の信頼できる神父と共に過ごしていました。「私は数々の恐ろしい事をしてきました、、、多くの人を殺しました。お金のために、無知のために」それは男が神父に自らの罪を告白した運命的な日でした、神父はマフィアによって拉致されてしまいます。そして男は神父の命を守る為マフィアの指示に従って再び血に染まった世界を生きることになるのです。

ゲームは良くあるFPSを基本としてサードパーソンビューにも切り替える事が出来るようです。コントロールは非常にシンプルで簡単に「47」の高度な動きを操作出来るとのこと。男は時にはサイレンサーやナイフなど様々な武器を使用して敵を征圧したり、時には敵から身を隠して秘密裏に敵のアジトに忍び込みます。静かに門番に近づいてワイヤーで制圧してその武器や服を奪っていくような事も出来るようです。

技術的には良いものに仕上がっているが特に特筆するものでも無いとのこと。グラフィックは詳細まで描かれていて美しい。ゲームに支障は無いがフレームレートが一部で安定しない部分があるとのこと。PS2版からかなり遅れていてこれというのは少し残念かなという感じです。

『ヒットマン2: サイレントアサシン』は6月16日にアイドスインタラクティブから北米発売予定です。国内での発売は不明ですが恐らく無いでしょう。但しPCでは既に発売中ですので気になる方は探してみてください。IGNにて画面写真も幾つか公開されています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

    LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  4. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  5. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  10. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

アクセスランキングをもっと見る