人生にゲームをプラスするメディア

高度なIAを実現するGC向けミドルウェア登場

任天堂 GC

バイオグラフィック・テクノロジーは高度なAIが利用可能になるミドルウェアAI.implantをゲームキューブ開発者に提供する事を発表しました。AI.implant SDKを使用する事で開発者はレースゲームのライバルマシンやアクションゲーム中のプレイヤーを襲い掛かるゾンビなど幅広い用途に容易に高度なAIを組み込む事が出来るようになるそうです。

「私達はゲームキューブ開発者にAI.implantを提供出来る事をとても嬉しく思っています。AI.implantを使えば開発者は自由に好きなSDKからリンクされたエデッター(Mayaや3Dmax)を使ってゲーム中にAIを組み込む事が出来ます。既に開発を終えていて、直ぐに全てのゲームキューブ開発者はこの製品を評価出来るでしょう」とバイオグラフィックのPaul Kruszewski社長はコメントしています。

バイオグラフィックはカナダ・モントリオールに本拠を置く会社で博士号を持つPaul Kruszewskiが設立した会社。AI(人工知能)ソフトウェアの開発・販売のリーディングカンパニーだそうです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

    『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  2. 【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

    【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

  3. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  6. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  7. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  8. 『ポケモン サン・ムーン』にオーキド博士が変わり果てた姿で登場

  9. 『ポケモン サン・ムーン』新システム「ポケリフレ」でポケモンたちとより仲良く!服の染色もできる着せ替え要素も公開

  10. 『ポケモン サン・ムーン』ピカチュウが強烈な技“ひっさつのピカチュート”を手に入れた!「Zワザ」の新たな情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top