人生にゲームをプラスするメディア

Game Informer最新号のレビュー

任天堂 GC

米国の雑誌Game Informer最新号のレビューの得点を紹介。


1. エンター・ザ・マトリックス 8.5 / 7.5 アタリ
2. ルーンII 8.5 / 8 アクティビジョン
3. ロックマンエグゼ トランスミッション 6.25 / 6.75 カプコン
4. Tube Slider 6.5 / 6.5 NECI
5. X2: Wolverine’s Revenge 5.75 / 6 アクティビジョン

『エンター・ザ・マトリックス』や『ルーンII』は評判良いようですね。それにしても軽くミリオン突破するようなタイトルでも無い気はしますが。恐らく出荷ミリオンって事でしょうけど。『ルーンII』は前作がかなり売れて続編決定のようですから今回もそこそこ行くでしょう。

その他、ゲームボーイアドバンスの『ドンキーコングカントリー』が9 / 9.25、『メイドインワリオ』が7.5 / 8などとなっています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  5. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  6. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  7. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  8. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  9. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  10. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

アクセスランキングをもっと見る