人生にゲームをプラスするメディア

『スターフォックス2』体験レポート

任天堂 その他

ナムコ開発の期待の『スターフォックス2』がプレイアブルで出展。製品版ではシングルプレイヤーモードももちろんありますが、今回のE3ではマルチプレイヤーモードのみが体験可能だったそうです。選択可能なステージも最初の数個に制限されていたとのことです。

プレイヤーはまずキャラクターを選択します。選択が終わると4人は基地のような場所からスタートします。そこにはアーウィンが2台、ランドマスターが2台、、、その他の武器などが置いてあるそうです。そこで戦闘開始でプレイヤーは最初標準のレーザーガンと自分の足しかない状態から始まるので、ライバルより早く乗る必要があります。またこの他にも地雷や速射ガンなど置かれているそうです。もちろんアーウィンなんか乗らずに生身で勝負も出来るみたいです。

操作は少し戸惑うもようなものかも、とのこと。まず地上では、アナログスティックは方向転換に使います。Lでジォンプ。Rボタントコントロースティックを組み合わせて機銃掃射します。地上ではAで攻撃でYでジャンプで、カメラスティックで照準を合わせるそうです。これは少し複雑そうだが、実際やってみるとそうでもないとIGNは書いています。

アーウィンに乗った際はAで攻撃、アナログスティックで方向転換します。目新しいのはアーウィンに乗っている際にZを押すとアーウィンの翼に出る事が出来るそうです。その間はキャラを動かしてジャンプしたり地上に向けて攻撃したり出来るようです。その間は惰性でアーウィンは動きます。

上のほうでアーウィンなんかに乗らないでも戦えると書きました。やはり、歩きvsアーウィンでは不利ではないかと思ってしまいますが実際やってみると上空からは見逃してしまったり建物の裏に隠れたりで意外と地上のキャラと戦うのは難しいようです。逆に地上に居るキャラからは空を飛んでいるアーウィンを狙うのは容易な訳で、場合によってはそっちのほうが有利の場合もあるそうです。

グラフィックに関しては特筆すべき点は無さそうです。キャラのポリゴン数も少ないとのこと。但し常に60fpsは保っているようです。ゲームとしては楽しかったよとIGNやPGCは書いていました。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  3. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  7. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

  10. 【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3 プロフェッショナル』ついに首位へ、『ドラゴンシンカー』初登場ランクイン(2/23)

アクセスランキングをもっと見る