人生にゲームをプラスするメディア

ミッドウェイが数タイトルを開発中止に?―経営不振で

任天堂 GC

米ミッドウェイ・ゲームスは2003年第1四半期の会計報告を行いました。それによれば売上高は昨年同期の3100万ドルから大幅に増えて4580万ドルとなりましたが、赤字で純損失は650万ドルから930万ドルへとこちらも大幅に増えました。

これにはカルフォルニアスタジオの閉鎖に掛かった経費の210万ドルと幾つかのタイトルを開発した際の損失の470万ドルが含まれているそうです。

どのタイトルが開発中止となったかははっきりとしませんが、会社は今回の赤字の要因としてゲームキューブタイトルの不振を挙げていて開発中止もゲームキューブタイトルが中心となったであろう事が予想されます。

昨年発売した『モータルコンバット』がミリオンを超えた以降はぱっとしない業績で不振が続いています。単にゲームキューブのみの責任にされても困るという感じですが、あちらも日本同様厳しい状況が続いているようです。海外では最近発表される殆どのタイトルがマルチなのですが、やはり機種毎に大きく販売量は変わる訳で、やっつけ仕事の移植タイトルをばら撒くというやり方も転換期を迎えているのかもしれません。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

    ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

  2. 今週発売の新作ゲーム『Nintendo Switch+Joy-Con(L)/(R)』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch』他

    今週発売の新作ゲーム『Nintendo Switch+Joy-Con(L)/(R)』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch』他

  3. 『スプラトゥーン2』「タテ振り」アクションに注目集まる“ローラー”には更なる調整が! 公式Twitterが映像付きで報告

    『スプラトゥーン2』「タテ振り」アクションに注目集まる“ローラー”には更なる調整が! 公式Twitterが映像付きで報告

  4. スイッチ版『VOEZ』にはオリジナル楽曲を含む全116曲が収録、独占楽曲追加の無料アプデも実施予定

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  6. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  7. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  10. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る