人生にゲームをプラスするメディア

Edge主催の「Edge Award」でメトロイドが二冠を達成!

任天堂 GC

個人的に綺麗なデザインが好きな英国のゲーム雑誌「Edge」の主催する「Edge Award」の受賞作品が明らかになりました。ベスト3に任天堂から2作品、ベストパブリッシャーにも選ばれています。ちなみに後ろの方はワーストも含まれています。

ゲームオブザイヤー(大賞)
1.メトロイドプライム(任天堂)
2.Neverwinter Nights(BioWare)
3.スーパーマリオサンシャイン(任天堂)

パブリッシャー(発売元)
1.任天堂
2.エレクトロニックアーツ
3.ユービーアイソフト

デベロッパー(開発会社)
1.テクモ
2.トレジャー
3.レトロスタジオ

イノベーション(革新的なゲーム)
1.アニマルクロッシング(どうぶつの森+)
2.Neverwinter Nights (BioWare)
3.ロードオブザリング: 二つの塔(EA)

グラフィック
1.OTOGI(フロムソフト)
2.斑鳩(トレジャー)
3.パンツァードラグーン: オルタ

サウンド
1.メトロイドプライム(任天堂)
2.OTOGI(フロムソフト)
3.グランドセフトオート(Take2)

テクニカル・アチーブメント(技術)
1.Moto GP2
2.ストリートファイター3アルファ
3.バーンアウト2

ハードウェアイノベーション(ハード・革新)
1.Steel Battalion controller(カプコン)
2.GamePark 32 handheld(Game Park)
3.GBA SP(任天堂)

ライセンスタイトル(原作物)
1.ロードオブザリング: 二つの塔(EA)

死んでる開発会社
1.Rage Software

サプライズ
1.Rocky(Rage Software)

がっかりさせられた
1.ブリンクス(マイクロソフト)

ペーパーウェア(完成する見込みの無いゲーム)
1.Galleon(Confounding Factor)

「2002年はゲーム業界にとって非常に厳しい年でした。多くの会社がリストラや倒産の危機に見舞われ、またブロードバンドゲームを語ってきたにも関わらず3社のうち1社しか実現しませんでした。しかし、良いニュースも有ります。任天堂は革新的なゲームを生み出し常に輝き、XBOXはハードコアゲーマーのためのハードとしての存在を確立して、PS2は成熟した良作を多く輩出しました」とEdgeの編集者のJoao Diniz-Sanches氏はコメントを寄せています。
《織機 綺音》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

    『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

  2. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

    「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. Wii U向けBASICプログラミングソフト『プチコンBIG』配信日決定!周辺機器を活用したプログラムも作成可能

  5. 3DS『さよなら! ハコボーイ!』来年2月に配信決定! 3作セット版に付属するキュービィamiiboも可愛さ満点

  6. AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

  7. 『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

  8. 【プレイレポ】『めがみめぐり』 スタミナ制などはなくサイコロは振り放題! 課金要素や交通系ICカード連動に迫る

  9. 【特集】『ポケモン』20年の進化を“今と昔”でチェック!(前編)今やポケモンの種類は???体ほどに!?

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top